精通する者の志とは

スポーツを部活動でやっている人にとっては、高校野球で目指す甲子園やサッカーで目指す国立競技場というように誰もが目指しているものがあります。 出場しただけでもステータスがあるのに対し、そういう場所で勝利するということになると、他人に誇れる実績を上げたことになるでしょう。
競馬の世界であれば、それはG1レースに出場して勝利したことが当てはまるのではないでしょうか。 それほどG1レースというのは競馬の世界にとっては盛り上がる大会です。

競馬で行われるレースというのは様々なクラスに分けられることになります。 その中でも有力な競走馬を集めて、多くの観客を集めるような競争を重賞レースと呼びます。
重賞レースというのはさらにG1、G2そしてG3という格付けがあり、この中で一番ランクが高いレースがG1レースになります。 実際のレースというのは一日に何レースも行われているわけですが、マスコミに報道されないレースというのもたくさんあるのに対して、G1レースというのはマスコミにも大々的に報道されるというように注目度が高いレースです。
実際にG1レースとして格付けされているレースは22レースあります。 天皇賞や皐月賞、有馬記念、ジャパンカップなどの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 G1レースは春(3月から6月)と秋(10月から12月)に行われます。
確かにG1レースは22レースもあるわけですが、1年の中で22レース全てに出場できる馬は無く、その中で出場できる条件を満たすレースということになると数レースに限られます。 そのため、どのレースに焦点を絞るかというのも見どころの一つです。

イギリスに由来する3歳馬限定のクラシックレースと呼ばれるものは5レースあり、桜花賞や皐月賞、オークス、日本ダービー、菊花賞が該当します。 当然ながら3歳馬限定ですので、出場するチャンスおよび優勝するチャンスは1回しかないことになります。
特に皐月賞や日本ダービー、菊花賞の3レース全てを制した馬のことを3冠馬と呼ばれ、とても名誉があります。 実際に三冠を達成した馬は、ナリタブライアンやディープインパクトをはじめとして6頭しかいません。
G1レースがどういうレースなのかが分かってきたのではないでしょうか。 G1レースともなれば注目度が全然違うので競馬初心者にとっても情報が集めやすいレースの一つです。 こういうところから競馬を始めてみるのもいいでしょう。

情報を入手する方法が無い方や、どの情報の精度が高いのか分からない方がいらっしゃると思います。
「競馬予想」と検索エンジンで探せば多くの情報や予想が出来来ますが、そこでもどの情報を選べばいいのか?判断しにくい物が多く存在します。
お薦めとしては、無料の競馬予想情報を提供しているサイトで、今まで多くの情報と、情報会社等を利用した中で、今最も熱いと思われるものや、過去に良い実績を残していたサイトをまとめているサイトがあります。
自分で選び抜くことが難しいと判断した人は、一度使ってみると良いかもしれないですね。